メニュー

【小児科】子どもの咳

[2020.08.22]

子どもの咳について

当院には呼吸器専門医、アレルギー専門医、小児科専門医が在籍しています。

お気軽にご相談ください。

 

一般的に成人では3週間未満の咳を急性咳嗽、3~8週間を遷延性咳嗽、8週間以上続く咳を慢性咳嗽といいますが、子どもは気管支の形や年齢、その他個人差を考慮して判断する必要があります。

急性咳嗽のほとんどはウイルスや細菌などの感染に伴う咳で、いわゆる風邪症状(鼻水やのどの痛み、発熱など)を伴うことが多いです。

ウイルス感染による咳の50%は10日以内に消失し、90%は25日以内に治まるとされていますが、あまりに長引く場合には百日咳などの咳がしつこく残る病原菌やその他の原因を疑います。

また一部の方では感染により気道反応性が亢進し、少しの刺激で咳が続いてしまうこともあります。

これを感染後咳嗽といいます。

 

2-3週間以上続く咳の場合には、大きな異常が隠れていることがあるので受診をおすすめします。

小児における咳嗽をきたす主な原因(小児の咳嗽診療ガイドラインより)

①    呼吸器の感染、炎症

鼻咽頭炎、喉頭炎、気管・気管支炎、肺炎など

②    気道の物理的刺激

唾液・鼻汁の流入、圧迫、気道異物、乾燥、冷気など

③    胸膜、横隔膜の物理的刺激

胸膜腔貯留液、横隔膜疾患、腹部膨満、胸壁腫瘍など

④    科学的刺激

喫煙、刺激性のガス、粉塵など

⑤    アレルギー性

喘息、喉頭浮腫など

⑥    心血管系

肺塞栓、肺高血圧、肺うっ血など

⑦    神経性

反回神経圧迫、外耳道の迷走神経刺激など

⑧    心因性

心因性咳嗽、vocal code dysfunction、過換気症候群など

 

受診時のポイントは?

2-3週間以上続く咳の場合には、大きな異常が隠れていることがあるので受診をおすすめします。

ただお子さんの咳の様子を伝えたくても、いざ診察室ではなかなかうまく説明できないこともありますよね。

ポイントとしては

  • いつから?
  • 鼻水や熱などの咳以外の症状は?
  • 乾いた咳?痰絡みの咳?
  • ゼイゼイはある?
  • 咳がひどくなるタイミングはいつ?(夜、日中、エアコンをつけた時、学校で など)
  • 機嫌はどう?食欲はある?
  • 飲んでいる薬があったら、その内容がわかるもの

などをまとめてメモしておくと説明しやすいと思います。

受診時に咳が出ないことも多いものです。

咳の性状を説明しにくい場合には、

スマホで動画を撮ってきていただくとわかりやすく、大変参考になります。

その他よく読まれている記事は?

【小児科】日本脳炎・・・ワクチンいつ打つの?定期接種前の接種は必要?北海道出身の方は?海外での流行は?

【小児科】お薬の上手な飲ませ方について

【小児科】おむつかぶれについて

【小児科】子どものあせもについて

【小児科】子どもの虫除けについて

【小児科】子どもの紫外線対策~日焼け止めの使い方~

【小児科】日光浴とビタミンD

当院の受診方法は?

咳でご心配の場合には、呼吸器専門医、アレルギー専門医、小児科専門医が在籍している当院にお気軽ご相談ください。

待ち時間状況、順番予約はこちら
(当日の順番予約のみになります。直接のご来院も可能ですが、予約優先となります。)

 

小児科呼吸器内科アレルギー科内科院長ブログもよろしければご覧下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME