メニュー

アレルギー検査

ご案内

アレルギーを起こしやすい体質や原因物質を調べるために、当院では採血によるアレルギー検査を行っています。

当院ではアレルギー専門医、小児科専門医が在籍しています。

結果を適切に解釈した後に処方し、状況に応じて環境整備のアドバイスなどもさせていただきます。

体質を知り症状のコントロールに役立てましょう。

アレルギー検査について

アレルギー症状を引き起こす原因をアレルゲンと呼びます。
アレルゲンは気管支喘息・花粉症・アレルギー性鼻炎・食物アレルギー・じんましん・アトピーなど色々な症状を引き起こします。

気管支喘息花粉症アレルギー性鼻炎食物アレルギーなどをお持ちの方で、病状のコントロールのため必要であれば保険診療で検査が受けられます。

費用について

アレルギー疾患やアレルギー症状があるなど検査が必要と医師に判断された方は保険診療で検査可能です。その他の方、保険証をお持ちでない方は自費となります。

費用は3割負担の方で概ね、5,000円くらいかかりますが、検査項目数により前後します。

検査項目について

主な項目として、以下のようなものがあります。

食物アレルゲン

牛乳・卵・農産物(キウイ・バナナ・ソバ・小麦・大豆・米・ゴマ・ピーナッツ)・魚介類(マグロ・サケ・エビ・カニ)・肉(豚・牛・鶏)など

花粉アレルゲン

スギ・ヒノキ・ブタクサ・シラカバ・ヨモギ・ハンノキ・ハルガヤ・カモガヤ・オオアワガエリなど

環境アレルゲン

ダニ・ハウスダスト・犬や猫のフケ・真菌類(アスペルギルス・アルテルナリア・カンジダ)・ラテックスなど

季節ごとの花粉症

(図:サーモフィッシャーダイアグノスティックス株式会社サイトより)

 

花粉症は春だけではなく夏や秋にもあります。

花粉症の時期に咳がでたり喘息が悪化する方も多いです。

 

アレルギー症状を引き起こす可能性のある花粉を飛ばす植物の種類はさまざまで、春の花粉、夏の花粉

秋の花粉、一年を通して何らかの花粉が飛散しています。

スギは2~4月、ヒノキは3~5月、イネ科は5~9月、ブタクサは8~9月など、花粉症の原因になるものが季節ごとにあります。

春の花粉

春は、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、など樹木系の花粉が飛んでいます。

夏の花粉

夏は、カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、ギョウギシバなどイネ科の植物の花粉です。これらは夏から秋にかけてです。

秋の花粉

秋は、ヨモギ、ブタクサ、などのキク科、カナムグラです。

 

気になる方は 一度アレルギー専門医、小児科専門医が在籍している当院にご相談ください。

呼気NO検査についてはこちら)

口腔アレルギー症候群(Oral allergy syndrome:OAS)

口やのどのかゆみはありませんか?

「果物や野菜はまずくて嫌い!」……それって実は嗜好の問題だけではなくアレルギーが影響していることがあります。

症状

果物や野菜を食べたあと、直後から数分以内に口の中や舌、唇、のどにかゆみ、しびれ感、腫れた感じが現れます。多くは口の中のみの症状で終わりますが、まれにアナフィラキシーショックを起こすことがあります。

原因

果物や野菜に存在するアレルギーのもと(=アレルゲン)が原因で起きるアレルギー反応です。

どんな人がなるの?

花粉症の方は花粉のアレルゲンに反応します。野菜や果物のアレルゲンは花粉アレルゲンと形が似ているため、花粉症の方は特定の野菜や果物にもアレルギー反応(交差反応)を起こすことがあるのです

 

シラカンバ花粉症の42%、スギ花粉症の患者さんの10%強に合併しているとされています。また、喘息の方や食物アレルギーの方、その他アレルギーをお持ちの方にも生じる可能性があります。

どうしたらいいの?

原因となる食べ物を避けましょう。生で食べると特に症状が出やすいのですが、加熱したら食べられることもあります。何にアレルギーがあるのか採血などで調べ、食べ方を医師と相談しましょう。

 

気になる方は 一度アレルギー専門医、小児科専門医が在籍している当院にご相談ください。

呼気NO検査についてはこちら)

受診方法について

待ち時間状況、順番予約はこちら
(当日の順番予約のみになります。直接のご来院も可能ですが、予約優先となります。)

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME