メニュー

睡眠時無呼吸症候群(SAS) / いびきの治療

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

当院では呼吸器内科専門医が在籍しております。

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは

眠っているときに

  • 「無呼吸(10秒以上呼吸が止まること)」の状態が1時間あたり5回以上、または
  • 7時間の睡眠の中で30回以上ある場合

に診断される病気です。

睡眠時無呼吸症候群の主な症状は?

  • 大きないびき
  • 昼間の眠気
  • 起床時の頭痛
  • 眠った気がしない など

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は睡眠不足や低酸素などで生活習慣病を引き起こすといわれています。

早期に適切な治療を行うことで、生活習慣病をコントロールすることが可能です。

意外と身近な病気です

日本人の2ー4%、約240万人が睡眠時無呼吸症候群(SAS)に罹患しているともいわれています。

高血圧糖尿病などの生活習慣病の方ではさらに高率に睡眠時無呼吸症候群(SAS)が合併していることがわかっています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は意外と身近な病気です。

どんな治療を行う?

症状にあわせて、CPAP療法や、マウスピースを使った治療をおこなっています。

外科的治療が必要な場合もございますので、その場合は近隣の信頼できる医療機関をご紹介いたします。

CPAP療法(経鼻的持続用圧呼吸療法:Continuous Positive Airway Pressure)

CPAP療法は睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対して有効で一般的な治療法です。

日本では20万人以上の方が行っており、年間1ー2万人以上の方が新たに治療を始めています。

CPAP療法は睡眠時に常に気道に陽圧をかけることで、睡眠時の気道の閉塞を防止します、

治療にはCPAP装置と専用マスクを使用します。

治療の進め方は?

CPAP療法は健康保険の適用となります。

診察・薬の処方などと同じように、窓口で一部負担金をお支払いいただき当院から貸し出し致します。

健康保険の適用には定期的な受診が必要です。

健康保険でCPAP療法を行う場合必ず定期的な受診が必要となります。

受診されない場合はCPAP装置を医療機関に返却していただく場合があります。

そのため計画的な受診が必要となります。

治療の料金は?

健康保険でCPAP療法は可能です。

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療には、健康保険が適用されます。
3割負担の方の場合、検査については簡易検査2,700円と診察料をいただきます。
治療については、CPAP治療で、月額で約5,000円です。

治療のスケジュールは?

順番予約をお取りください

外来を受診する

睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関する問診を実施

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査へ

問診結果で睡眠時無呼吸の疑いありとされた場合

自宅で簡易検査を実施します

自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。

手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。

自宅でもできる検査なので、普段と変わらず仕事や日常生活をそれほど心配せずに検査することができます。

多くの場合はまずこの簡易検査を行ないます。

検査の内容によって費用も異なるので、詳しくは当院までご相談下さい。

問診結果で睡眠時無呼吸のより詳しい確定診断が必要とされた場合

医療機関をご紹介し1泊での入院検査を実施します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)リスクチェック

無呼吸なおそう.com(TEIJIN社サイトより)

  • 毎晩大きないびきをかきますか?
  • 「睡眠中に呼吸が止まっていた」と指摘されたことがありますか?
  • 昼間、眠くなることはありますか?(居眠り運転をしそうになったり、会議中にうとうとしてしまうことがよくありますか?)
  • 朝起きたとき、寝たはずなのに疲れが残っている感じや頭重感・頭痛がありますか?
  • 若い頃より、体重が増えて、顔つきが変わったといわれますか?
  • メタボリックシンドロームの傾向はありますか?

下記の症状がある方は当院にご相談ください

  • 就寝中の意識覚醒の短い反復、およびそれによる脳の不眠
  • 昼間の耐えがたい眠気
  • 抑うつ
  • 頻回の中途覚醒 集中力の低下
  • (家族などが気づく)睡眠時の呼吸の停止
  • (家族などが気づく)大きな鼾(いびき)など
  • (家族などが気づく)夜間頻尿(2型糖尿病になりやすくなる)
  • 起床時の頭痛
  • インポテンツ(女性の場合は月経不順)
  • のどが渇く
  • こむら返り
  • 糖尿病性昏睡

受診方法について

気になる症状がある場合は是非一度受診をご検討下さい。

当日の順番予約のみになります。直接のご来院も可能です。予約優先となります。

待ち時間状況、順番予約はこちら

 

呼吸器内科アレルギー科小児科内科院長ブログもよろしければご覧下さい。

 

「喘息ってどんな病気?」について、取材協力致しました。

小児の喘息についてはこちら

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME