メニュー

花粉症について

kafun_tachimuka_woman

花粉症とは

当院ではアレルギー専門医が診察致します。

植物の花粉が原因となってアレルギー症状を起こす状態です。日本ではスギが一番多く、4人に1人がスギ花粉症であると言われています。

花粉症は早めにアレルギー症状を抑えるとシーズンを通して軽く済みます。症状がひどくなると炎症を抑えるのが難しくなる傾向があるので、できるだけ早期に(1月末頃から)内服を始めることが重要です。(スギ花粉の治療、いつから?)

 

薬を我慢すると呼吸器疾患などをこじらせることがあります。

鼻と気管支はつながっています。「One airway, one disease」といい、鼻炎喘息(ぜんそく)は同じアレルギーの病態が存在することが多く、同時にしっかり治療をする必要があります。花粉を吸い込む量が多いと鼻や眼だけではなく、気管にまで悪影響が生じます。

ですので、花粉症の時期はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状はもちろんですが、喘息が悪化する方も多く要注意です。

花粉と咳と喘息(ぜんそく)について詳しくはこちら

花粉症が起こるメカニズム

人間の身体には、 体内への有害物質の侵入を防ぐ働きが備わっています。これを免疫反応とといいますが、この免疫反応が過剰に働くことで起こるのが花粉症です。

本来は人体に無害なスギなどの植物の花粉を、 身体が有害物質と判断してしまうと、 花粉に対する抗体を作ります。すると、再度花粉が侵入してきたときにそれを追い出すために免疫反応が起こり、目のかゆみやくしゃみなどが引き起こされるのです。

花粉症の原因

花粉症は植物の花粉が原因となるアレルギーで、日本で多いのはスギ花粉やヒノキ花粉です。

体内に入る花粉が一定量を超えると、炎症を起こすヒスタミンやロイコトリエンやプロスタグランジンなど、ケミカルメディエーターという物質が作られます。これらが原因で花粉症の症状が引き起こされます。

花粉が最初に触れる鼻やのど、目の症状が一般的ですが、体質によって偏りが出る場合があります。

30代以降で花粉症になる人もいれば、大人になって症状が落ち着く人もいらっしゃいます。

発症のきっかけは遺伝的要因が半分と環境要因が半分です。

  • 遺伝的要因:家族にアレルギー体質がいれば花粉症の確率は高まります。
  • 環境要因:花粉を浴びる量のことで多いほど発症しやすくなります。

子供の頃は花粉症だったけれど成人したら症状が落ち着いたという人もいますが、これは免疫機能が安定したためです。ただ治ったわけではないので30代、40代で再び発症することもあります。

また、妊娠・出産などでホルモンバランスが変わって花粉症が悪化もしくは軽減したり、高齢になって免疫の働きが鈍ると症状が軽くなったりと、体とともに変化することがあります。

花粉症の症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが主なつらい症状です。

その他に肌荒れ、耳のかゆみ、頭痛、だるさ、微熱、咳なども起こします。

慢性的な鼻炎がある人は鼻づまりや鼻水がひどくなったり、喘息持ちなら咳がでる、アトピー性皮膚炎の傾向がある人は肌にかゆみがでることがあります。

また、微熱やだるさを感じるため風邪と間違える人もいらっしゃいます。
高熱が出たり、鼻水の色が透明から黄色などに変わるなら風邪ですが、そうでないときは花粉症の可能性が高いといえます

食欲が低下したり、口や喉が渇くこともあります。
これは主に鼻づまりによる嗅覚低下や口呼吸の増加が原因です。

花粉症の症状がひどいと眠りが浅くなり睡眠不足になります。

集中力や記憶力も低下しパフォーマンスも落ちやすいです。 

花粉症シーズンの生活の注意

花粉の除去、回避が重要です。

症状のレベルを問わず対策すべきは、花粉をできるだけ体内に入れないことです。マスクやメガネの着用、自宅に入る前に服や髪についた花粉を払う、帰宅後すぐにうがいや手洗い、洗顔の習慣をつけて花粉シーズンを乗りきりましょう。

スギ花粉が多くなる時間帯は、 地域やその日の気象条件、 季節によっても変わりますが、一般的には昼前後と日没後に多くなるといわれています。 花粉シーズンは出かけるなら午前中がベストです。また、テレビやインターネットで気象情報や花粉情報を入手し、花粉の要注意条件が整っている日(最高気温が高めの日、 雨の日の翌日で天気がよい日、 風が強く晴天で乾燥した日など)は、より慎重に対策が必要です。

  • 換気は短時間にとどめ、窓は小さく開けましょう。
  • 部屋の中はこまめに掃除をしましょう。
  • 洗濯物や布団は外干しを避けましょう。
  • メガネ、マスクなどを活用し、花粉の粘膜への付着を避けましょう。衣類は毛羽だった素材は避けて下さい。髪はまとめたほうが花粉は付きにくくなります。
  • 帰宅時は衣類や髪に付いた花粉を良く払ってから室内に入りましょう。
  • 帰宅後すぐにうがい洗顔、手洗いを行い、鼻をかみましょう。

花粉症の検査

血液検査によるアレルゲンへの総抗体量(IgE抗体)測定など必要に応じて検査します。

小児では2歳以上で必要に応じて実施します。

花粉症の治療

主に飲み薬、点鼻薬、点眼薬、スギ花粉の舌下免疫療法があります。

毎年つらい症状が出るなら、花粉の飛散シーズンよりも前(1月末頃)に薬を飲み始めるのがおすすめです。

早めにアレルギー症状を抑えるとシーズンを通して軽く済みます。
薬を我慢すると呼吸器疾患などをこじらせることがあります。

選びかたに不安がある人はクリニックで相談しましょう。

花粉症治療の主な薬剤

1)飲み薬

抗ヒスタミン薬

くしゃみや鼻水を和らげます。眠気などの副作用が強いものもあります。鼻詰まりを緩和する血管収縮薬との配合剤もあります。第一世代と第二世代があります。

  • 第一世代・・・眠気や口渇などの症状が出ることがあるため、服用する際には注意が必要です。市販の花粉症の薬にはこの第一世代の抗ヒスタミン薬が含まれている場合があります。
  • 第二世代・・・眠気などは少ないですが、一部の薬剤では熱性けいれんを引き起こしやすくしてしまうため、けいれんの既往がある方は事前にご相談下さい。

薬剤の形も様々で大きな錠剤、小さな錠剤、貼り薬、口の中で溶ける錠剤、ドライシロップ、シロップなどがあります。1日1回内服のもの、2回のものなどなど使い分けは様々です。
患者さんそれぞれに合った薬剤を処方出来るよう、相談しながら処方しています

抗ロイコトリエン薬・抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2薬

鼻づまりの時によく使います。飲み始めて1-2週間後の方が効果があります。

その他

ケミカルメディエーター遊離抑制薬、Th2サイトカイン阻害薬などがあります。

どうしても症状が強い場合には短期間のみステロイド薬を内服することもあります。

2)点鼻薬

鼻噴霧用ステロイド薬

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻症状に使います。

点鼻用血管収縮薬

特に鼻づまりがひどいときに使うこともありますが、長期間使用すると逆に鼻づまりが悪化するため注意が必要です。

3)点眼薬

点眼用抗ヒスタミン薬、ケミカルメディエーター遊離阻害薬などがあります。

重症ではステロイド点眼を使用することがありますが、この場合には基本的には眼科で眼圧の評価などを受けた方が安心です。

花粉症の治療のポイント

本格的に花粉の飛散が始まる前(1月末頃)から薬物療法を始めることが重要です。症状が軽いうちにしっかり治療することで、症状の発現を遅らせたり症状を軽減させる効果があります。

市販薬について

市販の花粉症の薬も沢山出ています。中には副作用がでやすいものもありますので、花粉症のコントロールが不安定な場合には、医療機関を受診するようにしましょう。当院では患者さんそれぞれに合った薬剤を処方できるよう、相談しながら処方していきます。

舌下免疫療法

スギ花粉症に関しては舌下免疫療法があります。花粉症シーズンを避けて6月頃~秋頃に開始する治療法です。

舌下免疫療法はアレルゲンを含む薬を1日1回舌の下に垂らして、体を慣れさせる治療法です。処方薬を毎日ご自身で服用するだけで通院は月に1度程度です。治療期間が3〜5年かかりますが、スギ花粉症の7〜8割の体質改善ができるといわれています。

詳細は舌下免疫療法についてをご参照下さい。

 

当院ではアレルギー専門医が診察致します。

症状がひどくなると炎症を抑えるのが難しくなる傾向があるので、できるだけ早期(1月末頃から)に当院をご利用ください。

ただいまの待ち時間状況、順番予約はこちらから

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME