メニュー

脂質異常症について

脂質異常症(高脂血症)とは

body_kekkan_dorodoro

血液のコレステロールや中性脂肪が高い状態です。

高コレステロール(LDL-C)血症、低HDLコレステロール(HDL-C)血症、高トリグリセリド(TG)のいずれかの状態です。よく悪玉コレステロール、善玉コレステロールといわれますが、悪玉コレステロールのLDLは低く、善玉コレステロールのHDLは高いほうがよいとされています。

自覚症状が無いので放置されてしまうことも多く、健診や検査で異常を指摘され発見されます。

自覚症状が無いからと放置していると動脈硬化が進み、その結果血管が詰まり、狭心症・心筋梗塞や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などになってしまう非常に怖い状態です。

まずは食事療法や運動療法など生活習慣の改善、その後は適切な治療が必要となります。

女性ホルモンが低下する中年女性、脂質異常症の家族歴のある方は特にご注意ください。

定期的な検査や治療が必要になります。

症状

自覚症状がないことがほとんどです。

原因

高カロリー、喫煙、運動不足、家族性、内分泌疾患、肥満、ストレス、等

検査

採血をし脂質異常症をチェックします。

治療

食事療法、運動療法、禁煙、薬物療法(脂質異常の種類によって変わります、スタチン、フィブラート等)、他

 

無自覚無症状のため知らないうちに動脈硬化が進行し、突然、心筋梗塞や脳梗塞になってしまい、最悪の場合死に至ることもある非常に怖い病気です。

適正な生活習慣指導をうけ、必要な場合は薬物治療も行っていきましょう。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME