メニュー

禁煙治療

禁煙外来について

喫煙は生活習慣病の大きな原因の一つです。
当院では禁煙外来を行っています。
タバコを1日1箱吸う場合、8~12週間分のタバコ代よりも禁煙治療代の方が安くなります。(健康保険等の自己負担が3割の方は、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度です。使用する薬によって少し変わります。)

ぜひこの機会に禁煙への第一歩を踏み出しましょう。

当院での禁煙外来の流れ

初回

  • 喫煙状況やニコチン依存度、禁煙の関心度などをチェックします。呼気(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定を行います。
  • 詳細に診断を行った上で禁煙開始日などを決定し、治療のための禁煙補助薬を一緒に選び、処方致します。

2回目以降

初回診察から2週間後、4週間後、8週間後、12週間後に診察を受けます。
初診から2週間後以降の診察では、次の4点について確認します。

  • 診察:喫煙(禁煙)状況の確認、体調チェックなど
  • 一酸化炭素量の測定
  • 禁煙を継続するためのアドバイス(ニコチン依存症の対処法など)
  • 禁煙補助薬の効果の確認、副作用の対応など 

Pfizer社の「すぐ禁煙.jp」で詳しい情報が閲覧できます。

費用はどれくらい?

健康保険等の自己負担が3割の方は、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度です(使用する薬によって少し変わります)。

タバコを1日1箱吸う場合、8~12週間分のタバコ代よりも禁煙治療代の方が安くなります。

禁煙治療について

禁煙の必要性について

たばこの煙には多数の有害物質、発がん物質が含まれています。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺気腫の原因となるだけでなく、肺がんをはじめとしたがんのリスクが上がります。

気管支喘息の方では発作が起きやすくなり、喘息治療の効果が出にくくなります。

禁煙は肺疾患の治療の第一ステップです。

ご自身の健康被害だけでなく、副流煙によるご家族への健康被害の影響もあります。

タバコをやめたくてもやめられない

これはタバコに含まれるニコチンの依存症が原因です。ご自身だけで禁煙に取り組むより、外来通院をされたほうが禁煙の成功率はぐっと上がります。当院では禁煙補助薬を処方し禁煙治療をサポートして参ります。

条件を満たせば保険で治療を受けられますので、ぜひこの機会に禁煙への第一歩を踏み出しましょう。

禁煙補助薬を使う方法とは?

禁煙補助薬には、「ニコチン製剤」と「ニコチンを含まない薬」があります。

ニコチン製剤は、口の中の粘膜や皮膚からニコチンが少しずつ吸収されることで、禁煙初期にあらわれるニコチン切れの症状(離脱症状)を軽減して、禁煙をサポートします。

ニコチン製剤には、ニコチンガムとニコチンパッチ(貼り薬)があります。当院ではニコチンを含まない飲み薬とニコチンパッチが処方可能です。

健康保険等を使って、禁煙ができます

ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、2006年4月から、以下の4つの条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

  1. ニコチン依存症の判定テストが5点以上 
  2. 35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数が200以上であるものであること
  3. ただちに禁煙を始めたいと思っている
  4. 禁煙治療を受けることを文書で同意している(問診票などに、日付やご自身のの氏名を書きます)

過去に、禁煙治療を行った人で、再喫煙をしてしまっても、もう一度、挑戦できます。(ただし、前回の治療開始から1年以上経過していない方は自費診療となりますのでご了承下さい。)

 

禁煙治療をご希望の方は、ぜひ当院にご相談下さい。

禁煙外来の方は時間予約致します。(初回のみ、最終受付は17:30までとなります。)

388-m

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME