メニュー

アレルギー科について

アレルギー科について

当院ではアレルギー専門医、呼吸器専門医、総合内科専門医の医師が診察致します。

ぜんそく、花粉症、食物アレルギー、アナフィラキシーショックなどが代表的です。
アレルギーのチェックなどに関してもご相談ください。

「アレルギーはどうして起こるの?花粉症対策」について、取材協力致しました。

アレルギーとは

アレルギーとはある物質に対して過敏に免疫が反応する状態です。

身体の外から入ってきた異物に対して免疫が反応してくれるのは生きていくために重要なのですが、あまりに過剰な反応は病気につながります。

症状が出ている部分を重点的に、必要に応じて内服薬を組み合わせて抗アレルギー薬を処方致します。

詳しくはこちら

検査について

アレルギーを起こしやすい体質や原因物質を調べるために、当院では採血検査を行っています。

当院ではアレルギー専門医が在籍しています。

結果を適切に解釈した後に処方し、状況に応じて環境整備のアドバイスなどもさせていただきます。

体質を知り症状のコントロールに役立てましょう。

アレルギー検査について

アレルギー症状を引き起こす原因をアレルゲンと呼びます。アレルゲンは気管支喘息・アレルギー性鼻炎・食物アレルギー・じんましん・アトピーなど色々な症状を引き起こします。

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどをお持ちの方で、病状のコントロールのため必要であれば保険診療で検査が受けられます。

詳しくはこちら

呼気NO検査とは?

吐いた息の中の一酸化窒素(NO)の濃度を測定する検査です。

アレルギー性の炎症が気道に生じると、そこでNOが産生されます。そのため呼気中NO濃度を測定することでアレルギー性の気道炎症の存在や程度を知ることができるとされています。

詳しくはこちら

アレルゲンの種類

アレルゲンの種類には食物、薬物、ダニ、カビ、動物、花粉など多くの種類があり、アレルゲンの体への付き方によって症状も変わります。

アレルギー疾患

花粉症、舌下免疫療法、アレルギー性鼻炎、アレルギーについて、など

花粉症とは

植物の花粉が原因となってアレルギー症状を起こす状態です。日本ではスギが一番多く、4人に1人がスギ花粉症であると言われています。

「アレルギーはどうして起こるの?花粉症対策」について、取材協力致しました。

花粉を吸い込む量が多いと鼻や眼だけではなく、気管にまで悪影響が生じます。ですので、花粉症の時期に喘息(ぜんそく)が悪化する方は多いです。

花粉と咳と喘息(ぜんそく)について詳しくはこちら

花粉症について詳しくはこちら

舌下免疫療法とは

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。

アレルゲン免疫療法は長らくアレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていますが、近年では舌の下にアレルゲンを投与する「舌下免疫療法」が可能となりました。

詳しくはこちら

アレルギー性鼻炎とは

発作性に繰り返すくしゃみ、水のようなさらさらした鼻水、鼻づまりを3主徴とするアレルギー性疾患です。通年性と季節性(花粉症)に分けられます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが3大症状です。

薬物療法としては抗アレルギー薬の内服や点鼻薬、血管収縮剤などを使用します。

最近ではアレルゲン免疫療法が進化し、舌下免疫療法が外来で可能になりました。

詳しくはこちら

どのような症状でもお困りでしたらぜひ当院にご相談ください

ご心配なことがございましたら、アレルギー専門医、呼吸器専門医、総合内科専門医、小児科専門医が在籍している当院に一度ご相談ください。

何科に行けばいいのか迷ってしまうような場合もご相談に乗りますので、お気軽にお話しください。

高度医療機関での検査、治療が必要な場合には、速やかにご紹介させていただきます。

受診方法について

待ち時間状況、順番予約はこちら
(当日の順番予約のみになります。直接のご来院も可能です。予約優先となります。)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME