メニュー

舌下免疫療法について

アレルギー免疫療法について

kafun_kusyami

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。

アレルゲン免疫療法は長らくアレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていますが、近年では舌の下にアレルゲンを投与する「舌下免疫療法」が可能となりました。

舌下免疫療法とは

アレルゲン免疫療法の1つで、アレルギーを起こす物質の入った薬剤を舌の下にのせて服用します。
舌の下にアレルゲンを投与し、毎日そのアレルゲンを少しずつ取り入れ体を慣らすことで、アレルギー反応が軽くなることが期待されます。

現在、スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎に対して処方可能な薬剤(シダキュア・シダトレン・ミティキュア・アシテア)があります。

3年から5年と長期にわたる治療が必要なため、継続して通いやすいクリニックであることも患者さんにとって重要なポイントです。

対象となる方

スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さん。

小児でも処方可能です。(ただし基本的に服用方法を守れるような年齢のお子さんが対象となります。)

方法

舌下免疫療法は外来通院で処方を受け、ご自宅で服用することが出来ます。

舌の下に薬剤をおいてしばらくそのまま置き、それから飲み込みます。

※はじめはアレルギー反応が出る可能性がありますので、診察時に服用していただきます。

  • スギ|シダトレン舌下液、シダキュア舌下錠
  • ダニ|ミティキュア舌下錠、アシテア舌下錠

いずれも定期的な通院が必要です。

少なくとも3年、出来れば5年続ける必要があります。

期待される効果

治療期間は3~5年と長期間かかりますが、症状を抑えるだけの抗アレルギー剤の対症療法と異なり、今までの鼻炎等の薬を使わなくても、長期間症状を抑える可能性がある治療法です。

注意点

  • アレルギーを起こす物質を服用することから、アレルギー反応が出ることがある
  • 3-5年と長期間かかり根気がいる
  • 効果は70-80%の方にみられるとされているが個人差があり、またすぐに効果が得られるわけではないこと
  • 花粉症のシーズンには開始できない

などです。

治療開始に適した時期 

治療を続けるには根気がいりますが、花粉症のシーズンには開始出来ない治療です。

スギ花粉症の症状が強くお悩みの方は、飛散のない時期(6月頃~秋頃)にご検討頂くとよいです。

治療スケジュール

舌下免疫療法は、アレルギーを起こす物質を服用しますので、アレルギーの症状が出る可能性があります。

特に初回内服時はアナフィラキシーショックなど重篤な反応を起こす場合があるため院内で服用後、待合室にて30分程度お待ちいただき副作用確認させていただきます。

そのため通院2回目の初回内服の日は最終受付時間より1時間程度余裕をもってお早めに受診下さい。

舌下免疫療法をご希望の際は、受診日当日にWEB順番予約をお取り願います。

1回目(採血)

採血を行いスギやダニのアレルギー反応があるか確認します。結果は1週間後に出ます。

採血結果がある場合はご持参下さい

2回目(結果説明)

1週間後結果を見て、適応となるようでしたら処方し、初回内服していただきます。

服用後30分間待合室でお待ちいただき、副作用確認後問題なければご帰宅となります。

※初回内服の日は最終受付時間より1時間程度余裕をもってお早めに受診下さい。

3回目 

2回目から2~4週間後の受診

薬剤により通院間隔が異なります。はじめは薬剤の増量期間ですので、1週間毎に受診いただく場合があります。ご了承下さい。

4回目以降 

1ヶ月後以降、安定していたら2~4間隔にて通院

 

 

ご希望の方は是非ご相談ください。

WEB順番予約はこちらから

 

アレルギー科について小児科について呼吸器内科について内科について院長ブログ、もよろしければご覧下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME