メニュー

アレルギー性鼻炎について

アレルギー性鼻炎とは

発作性に繰り返すくしゃみ、水のようなさらさらした鼻水、鼻づまりを3主徴とするアレルギー性疾患です。

通年性季節性(花粉症)に分けられます。

原因

アレルギー性鼻炎の原因アレルゲンの多くは吸入性で、ダニ、花粉、カビなどが挙げられます。

鼻の粘膜にアレルゲンが付くと、ヒスタミンなどのアレルギー物質が放出され、症状が出ます。

症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが3大症状です。

検査

問診や鼻鏡検査、血液・鼻汁好酸球検査などを行いアレルギー性かどうかを判断します。原因抗原を詳しく調べるために採血などを行うことも出来ます。

治療

ハウスダストやダニによるアレルギーは掃除や寝具の洗濯などで原因を除去することが大切です。湿度が高いとダニが繁殖しやすいため、除湿も効果があります。防ダニ効果のある寝具も有用です。
ペットに対するアレルギーではペットを清潔に保ち、寝室は別にするなどの工夫が必要です。

薬物療法としては抗アレルギー薬の内服や点鼻薬、血管収縮剤などを使用します。

最近ではアレルゲン免疫療法が進化し、舌下免疫療法が外来で可能になりました。

詳細は舌下免疫療法のページをご参照ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME