メニュー

COPD(慢性閉塞性肺疾患)について

慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)とは

慢性閉塞性肺疾患(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)とは、タバコをはじめとした様々な有毒なガスや微粒子の吸入、特に喫煙などにより肺、気管支が炎症を起こす病気です。
呼吸機能が徐々に低下し、進行していくため、早期診断、治療が必要となります。

症状について

はじめは特に症状は出ません。
喫煙を続けていくと、肺の慢性的な炎症が起こり、が出てきます。
次第に運動時や階段を上る際に息切れが出るようになります。

40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者が存在すると推定されていますが、はじめは症状が出にくいため大多数が未診断、未治療の状態であると考えられています。

危険因子

タバコ(最多原因で、喫煙者の15~20%がCOPDを発症)、大気汚染、受動喫煙、職業上の粉じんや化学物質への暴露、α1-アンチトリプシン欠損症など

病態

タバコの煙や有害物質を吸吸うと肺の中の気管支に炎症が生じます。その結果、咳や痰が出ます。

また慢性的な炎症の結果、気管支が細くなり空気の通りが悪くなります。
気管支の先の肺が壊れると肺気腫という状態になります。

これらは残念ながら治療によっても元に戻ることはありません。

検査

肺機能検査

気道が狭くなり、肺も壊れてつぶれやすくなるため、息が吐きにくくなる所見を認めます。

画像検査

レントゲンでは過膨張といって、肺から空気が出にくくなるため肺が膨らんでいる所見を認めることがあります。
高度な肺気腫になると心臓が圧迫されることもあります。

胸部CT検査では肺気腫などがより細かく診断できます。また肺がんの合併の有無をみるのも重要です。

治療について

現在、壊れた肺をすっかり元通りにする治療は一般的にはまだありません。

少しでも進行しないよう、まずは禁煙が最大の治療になります。

症状がある方は気管支拡張薬の吸入や去痰薬の処方などをいたします。
ご高齢で進行されている方には必要によって在宅酸素療法をおすすめする場合もありますが、これは体内の酸素の数値の評価や運動時の呼吸の状態など、細かい検査を行ってからとなります。

呼吸トレーニングも大切ですので、腹式呼吸や口すぼめ呼吸を練習することもあります。

まずは早期発見、早期の禁煙が重要です!COPDは老後の肺炎のリスク、心血管系の病気のリスクなどにもなります。

ぜひお早めに受診して下さい。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME