メニュー

小児のアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、「かゆみを伴う、特徴的な湿疹が良くなったり悪くなったりを長期間(乳児の場合は2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上)繰り返すもの」と定義されています。
また、多くはアトピー素因といって、本人や家族に気管支喘息やアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎・結膜炎などの既往歴を持つことが多いです。

乳児のアトピー性皮膚炎は生後0ヶ月や1ヶ月頃から頭や顔に湿疹が出始め、耳、首、手足などに広がっていきます。
乳児湿疹と思っていてもなかなか良くならない場合にはアトピー性皮膚炎の場合もあります。

治療

アトピー性皮膚炎の治療は適切なスキンケア、環境整備、軟膏塗布が基本となります。
基本的には洗浄・保湿(スキンケア)をしっかりと行っていただきます。
スキンケアをしっかりと行っていただくだけで湿疹が改善する場合も多くあります。

適切なスキンケアを行っても湿疹が改善しない場合はステロイド外用薬を中心とした薬物療法を行います。
ステロイドというと、副作用などが気になって怖くて使いづらいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし飲み薬や点滴のステロイドとステロイド外用薬では副作用の出方も全く異なるため、適切な強さ、量のステロイドを使用していくことが重要です。
また、ステロイドの塗り方、塗る量、期間なども丁寧に説明していきます。

なお、乳児期には食物アレルギーの症状として湿疹が長引く場合があります。
(食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎といいます)

適切なスキンケア、薬物治療でも湿疹が改善しない場合で、食物アレルギーの関与を疑う場合には皮膚テストや採血検査でアレルギーの関与の有無を調べます。

お母様の母乳の影響はとても少ないですが、問診や検査などで必要と考えられる場合にのみ1週間から2週間程度、短期的にお母様の食事制限をお願いする場合もあります。
その場合にはしっかりと注意点をお伝えいたします。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME