メニュー

【呼吸器内科】去痰薬について

[2018.11.12]

前回、痰について書きました。

今回は去痰薬についてのお話です。
去痰薬、いわゆる「痰切り」ですね。実は数種類のジャンルに分類できます。

  • 粘液溶解薬
    硬い痰を緩くする作用があります。逆に水っぽい痰が増えるので、それが苦しく感じる場合もあります。
  • 粘液修復薬
    気道粘膜上皮の細胞を修復する作用があります。抗炎症効果も期待出来ます。
  • 粘液潤滑薬
    肺表面活性物質の分泌を促進し、痰を出しやすくします。
  • 気道分泌細胞正常化薬
    気道にある分泌細胞が増えすぎるのを抑えます。

このように作用機序が少しずつ異なりますので、痰の性状によって変えたり、組み合わせて処方したりします。

粘液修復薬は中耳炎にも適応がありますので、耳鼻科で処方を受けることも多いかと思います。
劇的な効果は感じにくい去痰薬ですが、抗炎症効果なども期待出来る、呼吸器領域では大切な薬です。

処方された場合はしっかり内服をして下さいね。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME