メニュー

百日咳と4種混合ワクチン

子どもの長引く咳 〜百日咳に注意!4種混合ワクチン打っていますか?~

 

ここ数週間で東京都内での百日咳の発生が増加傾向です!(※2018年7月現在)(東京都感染情報センター

 

百日咳とは・・・?

読んで字の如く、長く咳が続く感染症です。

 

原因菌:百日咳菌 (Bordetella pertussis)

感染経路:飛沫感染(患者の咳やくしゃみなどのしぶきに含まれる細菌によって感染)

潜伏期間:7〜10日程度

症状 ・咳や鼻汁など風邪症状から始まるが2週間以上咳が続く

   ・次第に百日咳特有の咳が出始める

顔を真っ赤にしてコンコンと激しく発作性に咳き込む(スタッカート)

ヒューと音を立てて息を吸う発作(ウープ)

咳こみによる嘔吐

生後3ヶ月未満で感染すると、上記の特有な咳は少なく、無呼吸やけいれんを起こす事がある

診断方法 ・特徴的な2週間以上続く咳

     ・血液検査

     ・鼻汁などでの培養検査

治療:マクロライド系の抗菌薬

予防:生後3ヶ月からの4種混合ワクチン

出席停止基準:特有の咳が消失するまで又は5日間の抗生剤治療を終了するまで

 

2018年の東京都の感染症発生動向調査によると、5歳〜19歳が最も多く、続いてのピークが20代から40となっています。特に家族や周囲に4種混合ワクチンを打つ前の3ヶ月未満の赤ちゃんいる場合、ただの長引く咳だと思ったら、まだ抗体のない赤ちゃんに百日咳をうつしてしまい、重症化し、入院となってしまう場合もあります!

咳が長引く場合には放っておかず、ご相談くださいね。

そして、何より、赤ちゃんは3ヶ月になったら4種混合ワクチンを忘れずに!!!!

 

小児の予防接種についてはこちらをご覧下さい。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME