メニュー

小児の食物アレルギー

食物アレルギー

食物アレルギーは「食物によって皮膚や目・鼻、呼吸器、消化器などへの症状、アナフィラキシーなどが引き起こされる現象」と定義されています。

食物アレルギーの分類

食物アレルギーのは大きく下の5種類に分類されます。

乳児消化管アレルギー

新生児・乳児期の下痢や血便、嘔吐などの消化器症状がメインです。
原因はほとんどは人工ミルクですが、完全母乳栄養児に発症することもあります。
アレルギー用ミルクへ変更して症状の改善があるかなどを確認していきます。
多くは1歳から2歳までに治っていきます。

食物アレルギーの関与するアトピー性皮膚炎

乳児期のアトピー性皮膚炎に伴って発症します。
原因食物は卵、牛乳、小麦、大豆が多いです。
適切なアトピー性皮膚炎の治療で湿疹の改善が見られない場合に、食物アレルギーの関与がみられることがあります。

即時型症状

特定の食品を摂取し30分から2時間程度で皮膚症状、呼吸器症状、消化器症状などを発症します
原因は乳児期には卵、牛乳、小麦などを初めて食べて発症することがあり、
幼児期以降に初めて発症する食品としては魚卵、そば、ピーナッツ、甲殻類、果物などが多いです。
乳児期に発症するものは自然に治っていくものが多いですが、幼児期以降に発症するものは治りづらいといわれています。

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

学童期から若い成人での発症が多い、特定の食品を食べて運動することで症状がでる特殊な食物アレルギーです。
原因は小麦や甲殻類のことが多いです。
原因の食品を食べるだけ、もしくは運動をするだけ、では症状はでません。
原因食物が不明な場合には専門病院での誘発試験(食物負荷試験+運動負荷試験)が必要になることもあります。

口腔アレルギー症候群

生の野菜や果物を食べることで「口や喉のイガイガ」の症状がでます。
学童以降に発症が多く、多くの患者さんは花粉症があります。
生の原因食品で症状がでる方でも、加熱したもの(ジャムや加熱加工品など)は食べても大丈夫です。

食物アレルギーの診断・予防

食物アレルギー診療は日本、世界で研究がすすみ、医療機関での治療方針も10年前と比較すると全く変わってきています。

食物アレルギーの診療では「必要最低限の除去」が重要です
採血や皮膚テストで卵や牛乳などに反応が出ていても、実際に食べて問題なければ除去する必要はありません。
検査はあくまで食物アレルギーの診断の参考所見です。

丁寧な問診で原因食品を絞り、最終的には食物経口負荷試験が必要になることがあります(食物経口負荷試験が必要な場合には近隣の専門施設へご紹介させて頂きます)。

また、最近の研究ではアトピー性皮膚炎のある乳児の卵アレルギー発症予防において、適切なスキンケアと薬物治療で皮膚をきれいにした後に、乳児期早期(生後6ヶ月)からごく微量の加熱鶏卵を食べさせることで、卵アレルギーの発症を少なくすることができた、との発表がありました。

「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」

「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」の解説:患者・一般の皆様へ

しかし、アレルギー発症リスクの高いお子さんへ自己判断で誤った離乳食を与えるとアナフィラキシーなどの症状を引き起こしてしまう可能性があり大変危険ですので、湿疹がひどく、離乳食の進め方に悩んでいらっしゃる方は当院小児科にてご相談ください。

生活管理指導表

食物アレルギーのあるお子様が保育園や学校で給食を食べる場合には、基本的には1年に1回、医師が生活管理指導表を作成し、保育園や学校とお子様のアレルギーの情報を共有することが重要です。
小児の食物アレルギーは成長とともに寛解(成長に伴う消化機能、免疫機能の成熟により食物アレルギー症状を起こさなくなること)することが多いので、漫然と除去を続けるのではなく、本当に必要な除去食品が何なのか、正しい判断をしていきます。
また、万が一の誤食時の対応などもご説明いたします。

 

ご心配がありましたら、火曜日小児アレルギー外来でご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME