メニュー

長引く咳(せき)について

持続期間による分類

咳の持続期間により3週間未満の急性、3週間以上8週間未満の遷延性、8週間以上の慢性に分けられます。
急性の咳の多くは上気道炎などの感染症が原因ですが、持続期間が長くなるにつれて感染症の頻度は低下します。

咳嗽に関するガイドライン

日本呼吸器学会 咳嗽に関するガイドライン第 2 版作成委員会.咳嗽に関するガイドライン 第 2 版.2012.

代表的な原因

代表的な原因には以下のようなものが挙げられます。

  • 咳喘息
  • アトピー咳嗽
  • 胃食道逆流症
  • 後鼻漏
  • 喉頭アレルギー
  • 副鼻腔気管支症候群
  • 気管支拡張症 
  • 慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患、喫煙
  • 肺結核や肺がん、間質性肺炎 など

診断・治療の流れ

診察

診察で喉や胸の音を調べた後、レントゲン検査を行い肺に原因となる影があるか確認します。

検査 

採血では炎症の有無、アレルギーの素因や肺がんの腫瘍マーカー、間質性肺炎のマーカーなどを調べます。(結果のご説明は1週間後となります)

肺機能検査で異常が無いかを確認することも大切です。これは肺活量や息の吐きにくさなどを調べる検査ですが、咳が激しい時には正確に評価出来ないため、その際には後日経過をみてから検査を検討します。

治療

治療に関しては疑われる原因によってお薬が変わります。例えばアレルギー性の咳が疑われる患者さんには抗アレルギー薬や吸入ステロイドを処方し、効果をみます。採血の結果や薬の効果・反応性により総合的に診断していきます。

たばこを吸っている方は禁煙の効果をみます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME