メニュー

気管支喘息(ぜんそく)

気管支喘息(ぜんそく)とは

 

「喘息ってどんな病気?」について、取材協力致しました。

気管支喘息(ぜんそく)とは、気管支でアレルギー性の炎症が起きている状態です。
炎症により気管支が狭くなり、ヒューヒュー、ゼイゼイといった笛のような呼吸音が聞こえます。

小児の喘息についてはこちら

 

原因

最も一般的な原因はアレルゲンという、アレルギーを起こす物質を吸入することです。
その結果、気管支に免疫反応が起こり、アレルギー性の炎症が生じます。
炎症が起きると気管支は狭くなり、笛のような音が聞こえます。

この他に、運動誘発性や寒冷刺激、解熱鎮痛剤、ミントや香辛料の香りなどで気管が狭くなることもあります。

診断

問診

今まで「ヒューヒューゼイゼイを繰り返してきたか」「アレルギー体質があるか」などを確認します。

「アレルゲンを吸う環境にあるか」

(ペットの有無、粉じん暴露の環境、自宅はカビっぽいかなど)

「何をきっかけに症状が出たか」

(風邪を引いた後、運動後、飲酒後、喫煙後など)

も重要な情報です。

また典型例では明け方呼吸苦が出る場合が多く、気圧や気候の変化でも増悪します。

診察

聴診では笛様音を確認します。
喘息の発作が落ち着いている時には異常な呼吸音は聞こえません。

発作時には酸素飽和度を調べ、入院の適応を判断します。

肺機能検査

喘息が安定していない状態や後述のリモデリングが起きた場合などでは、息を吐く力が弱くなります。
肺機能検査を行い、この状態を評価します。

採血

鑑別診断や感染などの合併症の評価のために採血を行う場合があります。
また採血で様々な吸入アレルゲンに対する反応を調べることが出来ますが、採血上で陰性になるタイプの喘息もあります。
それらを総合的に判断していきます。

鑑別診断

他の喘息に似た症状が出るご病気(気管支炎、気管支拡張症、心不全、肺血栓塞栓症など沢山あります)を否定し、最終的に喘息と判断します。

治療

発作が起きないよう普段から使用する長期管理薬発作時の治療に分かれます。

長期管理薬

  • 吸入ステロイド薬
  • 長時間作用型β-2刺激薬(気管支拡張薬) など

発作時

  • 短時間作用型β-2刺激薬(気管支拡張薬)
  • 内服、点滴ステロイド など

現在主流な治療薬は?

現在主流な治療薬は吸入ステロイド薬です。
発作時にはステロイドの内服や点滴が必要になることもありますが、これは全身投与であり長期的に続けると様々な副作用が出てきてしまいます。
一方吸入ステロイドは体内に入るステロイド量はごくごく少量であり気管支粘膜のみに働くため、少ない副作用で大きな効果を得ることが出来ます。

 

気管支が狭くなっている状態に対しては気管支拡張薬を使用します。

その他抗アレルギー剤や気管支拡張作用のある薬を組み合わせて、治療していきます。

症状が無くなっても、気道の炎症が完全に無くなっている訳ではありません。
急に治療を中断せず、徐々に減らして行くことが大切です。
肺機能検査などを参考にして治療のステップダウンをします。

リモデリングの予防のために

短時間作用型のβ-2刺激薬(気管支拡張薬)を吸入するとスッと楽になります。
苦しい時だけ気管支拡張薬を吸えば良いような気がしてしまいます。
しかしこれでは根本的な解決にならないどころか、将来的に肺の機能がとても低下します。
気管支が狭くなる→拡げるというサイクルを繰り返すと最終的に気管支が狭いままになってしまうのです。
これをリモデリングといいます。
リモデリングの予防のためにも、きちんと必要量の吸入ステロイドを使い、気道の炎症を抑え、気管支の収縮を最小限にとどめるようにしましょう。

受診方法について

長引く咳の場合は是非一度受診をご検討下さい。

当日の順番予約のみになります。直接のご来院も可能です。予約優先となります。

待ち時間状況、順番予約はこちら

 

品川区五反田にあるハピコワクリニック五反田です。
呼吸器内科アレルギー科小児科内科院長ブログもよろしければご覧下さい。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME