メニュー

妊娠と喘息について

妊娠と喘息の合併率

喘息の罹患率は増加してきていますが、それは妊娠可能年齢の女性も例外ではなく、妊婦さんの3.7-8.4%に合併しているといわれています。

喘息コントロールの重要性

妊娠中の喘息のコントロールが不十分だと、妊娠高血圧や妊娠中毒症、早産、低出生体重児など様々な合併症のリスクが増加します。妊娠中もしっかり喘息の治療を受けることが大切です。

妊娠中に喘息が悪化する方が1/3、改善する方が1/3、変わらない方が1/3いらっしゃいます。
妊娠すると様々なホルモンやストレスが関係してきますので、妊娠後にどのように喘息が悪化するか予測するのは困難です。
また妊娠中は呼吸機能自体が変化し、そこに喘息発作が加わると胎児の低酸素血症や血流低下が誘発されてしまいます。

妊娠中はおなかの赤ちゃんへの影響を心配して、薬をなるべく使用しないという方が多く、その結果喘息発作が起きることが多く見受けられます。

実際は、喘息治療薬による母体および胎児への影響はほとんど認められず、喘息の悪化による母体、胎児の低酸素血症のほうが問題となるため、積極的な妊娠中の喘息管理が重要です。

妊娠中の喘息の治療

吸入ステロイドをベースにテオフィリン、吸入β-2刺激薬などを使用します。
万一発作が出てしまったら、なるべく早く治療を強化します。

喘息の方で妊娠を希望されている場合は、妊娠前からきちんと症状をコントロールし、妊娠後も定期的に経過をみて、治療を検討して行く必要があります。
またタバコの煙やアレルゲンを出来る限り回避するなど、生活を見直すことも大切です。

ご心配なことがありましたら当院にご相談ください。

東京都 品川区 五反田 にあるハピコワクリニック五反田です。

呼吸器内科アレルギー科小児科内科院長ブログもよろしければご覧下さい。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME