メニュー

呼吸器系の病気

呼吸器内科って?

気管および気管支、肺など呼吸に関るさまざまな病気を診察します。

当院では呼吸器専門医、アレルギー専門医が診察致します。

呼吸器内科で診察する代表的な病気

気管支喘息、肺炎、気管支炎、気管支拡張症、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺がん、間質性肺炎、びまん性肺疾患など

詳しくは呼吸器内科疾患ページにまとめています。ぜひご覧下さい。

主な症状

  • 咳が出る、
  • 痰(たん)が多い、血痰が出る、
  • 階段や坂道で息が上がる、
  • 息が苦しい、
  • ヒューヒューゼイゼイする、
  • 胸痛がでる、など

様々な症状が出ます。

大きな病気が隠れていることがありますので、症状が続いている場合は以下のような検査をします。

主な検査

胸部レントゲンで肺炎や肺がんなどがないかを調べます。

また肺機能検査でどのような呼吸の障害が出ているかを確認します。

心臓の病気で似たような症状が出る場合がありますので、場合によって心電図も行います。

痰は貴重な情報源です。悪性細胞やアレルギーの細胞、細菌などがいないか、外部委託で検査を行います。

当院でできる検査はこちらをご覧下さい。

 

ご心配なことがございましたら、一度当院にご相談ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME